menu

不動産会社はどのようなことをするのか

足利市で不動産売却するなら足利市不動産売却ネット

足利市の不動産売却は【足利市不動産売却ネット】へ

サイトマップ 会社情報

☎︎0284-64-7248

営業時間:9:00〜18:00

不動産会社はどのようなことをするのか

 

売主様からの質問に「住まいを『売る』と決めた後、不動産会社はどんなことをしてくれるの?」というものがあります。売主様が物件の売却を決めた後、まず行うのは不動産会社と契約を結ぶことです。この契約を「媒介契約」と言います。今回は、この契約の締結後の流れについてご説明しましょう。

 

調査、契約の後、物件情報を拡散

 

媒介契約を結んだ後、不動産会社はまず、間取り図など販売するための図面を作成します。これは、不動産業者の情報ネットワーク「レインズ」などに掲載するためです。同時に、本格的な物件調査も開始します。インターネットで取得できる謄本などの情報だけでなく、市役所などを回り、道路など物件に関係する情報を全て調べていきます。

 

媒介契約を結ぶ前の段階と、結んだ後に本格的な調査を行なった後では、稀にですが自分が想定していた金額と違いが生じることがあります。訪問し査定した時にはわからなかったことが、細かく物件調査してみたところ判明した場合、当初の金額より多少安くなります。これは、物件の売り出し価格が安くなるということです。

 

媒介契約を結び、物件調査の後、不動産会社はまず、自社のホームページに物件を掲載します。そして、ポータルサイトと契約している会社なら「スーモ」や「ホームズ」に物件を掲載。さらに、最近では大手くらいしかやらなくなってしまいましたが、折込チラシやポスティングで情報を拡散します。

 

営業活動報告で状況を伝える

 

不動産会社は売主様に対して活動の報告を行います。「専属専任媒介契約」の場合は1週間に1度以上の頻度でメールまたは電話、書面の郵送等で売主様に活動を報告する義務が、また、「専任媒介契約」の場合は、2週間に1度以上の報告義務があります。

 

報告の内容としては、一番大切な「物件に何件ご案内してどうなったか」をはじめとして、「物件の確認が何件あった」「広告掲載承諾を何件受けた」などについて「営業活動報告書」という書式で報告します。決まったフォーマットはなく、形式は不動産会社によってまちまちです。また、報告の義務はありますが、どのような報告をしなければいけないのか、という内容までの取り決めはありません。

 

売主様が「この会社はしっかりやってくれているな」と感じてくれるのが、理想的な活動と言えます。たとえば当社は、専任媒介契約の場合でも2週間に1度の報告では少ないと考えていることから、毎週報告を行なっています。不動産会社としては、良い報告はしやすいものですが、逆に、悪い報告はしづらいものです。しかし、「問い合わせが来ません」「今ひとつです」といった言いにくいことを報告することも大事なこと。そのため、できる限り“マメな報告”を心がけています。この辺りが、不動産会社を判断する重要な材料になると言えるでしょう。

 

このほか、不動産を売却するとなると税金関係の話がつきものですが、ほとんどの不動産会社は自社のネットワークを持っており、不動産の専門分野以外のお客様の困りごとにも対応できる体制を整えています。税理士や司法書士、土地家屋調査士など、士業の紹介も行なっているので安心です。

 

まとめ

 

物件調査〜媒介契約の後、さらに細かい物件調査をします。その後、写真を撮影し、販売図面を作成。物件の情報を告知し、見込みのお客様を案内するところまでは基本的に不動産会社に課せられた義務です。したがって、どこの不動産会社でも必ず行います。違いがあるのは、その内容です。レインズでしか情報を告知していない不動産会社はたくさんあります。また、普通は書面で売主様に伝える営業活動報告を電話1本で済ませる会社も少なくありません。「あれ? この会社、あまり熱心にやってくれていないな」と感じたら、早めに“セカンドオピニオン”を検討することをお勧めします。

 

当社は売主様の利益を一番に考え、ご満足いただける気持ちの良い取引をお約束します。どうぞお気軽にご相談ください。

足利市の不動産売却は【足利市不動産売却ネット】へ

〒326-0338 栃木県足利市福居町867

宅地建物取引業者免許 栃木県知事(2)4897号

営業時間:9:00〜18:00 定休日:毎週水曜日・祝日